屋根縁切りの必要性

-------------------------
屋根縁切りの必要性
-------------------------

コロニアル屋根等の塗装を行ないますと屋根材同士の隙間を塗料で塞いでしまう為
縁切りという作業が必要になります。
縁切りを怠りますと毛細化現象等で下地材を腐らせてしまい大変なことになってしまいます。
状態によっては屋根材を剥がし下地材の取替をすることになります。
縁切りは塗装を行なった屋根材の隙間をカッターナイフを入れていくことで隙間を作りますが
目視で確認することはとても困難です。
弊社では目視でも確認することのできるタスペーサーという部材を取り付ける事で縁切りを行なっております。

←タスペーサー取付作業中














上記写真の部材(タスペーサー)を取り付けることにより縁切りとなります。
もちろん目視でも確認できますので安心です。

外壁塗装・屋根塗装は[e−塗装専門店]にお任せ下さい。
フリーダイアル:0120-495-146
メールアドレスinfo@sinwa-bisou.com
HP:
http://www.sinwa-bisou.com/
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

profile

書いた記事数:142 最後に更新した日:2015/07/02

e-塗装専門店HPはこちら

e-塗装専門店 HPへ

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

ご注意下さい

悪質な詐欺サイトにご注意下さい

selected entries

categories

archives

search this site.

links

others

mobile

qrcode